扇子(せんす)扇(おうぎ)のこころ

扇子(せんす)扇(おうぎ)の成り立ちから 種類、作り方、使い方等、幅広くご紹介致します。 『和』のこころのお役に立ちますように…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扇子(せんす)扇(おうぎ)の構成(要・責)


写真は舞扇子/ミラクル箔

(かなめ)

扇を開く際に根本で止めるもの。
扇子の要は、金属やプラスチック、
くじらのひげなどで骨を束ねている。
この部位が壊れると扇子としての用を為さなくなるため、最も重要な部分である。

ここから、「肝心要」の語源となった。


(せめ)

扇を止める帯状の輪。


スポンサーサイト

扇子(せんす)扇(おうぎ)の構成(扇面)


写真はシック&モダンな京扇子。扇子セット・水玉草

扇面
あおぐ時に風を送る部位。骨が完全に開ききらないように固定する働きもある。
伝統的な扇子では和紙を張るが、合成繊維や布を貼ったものもある。

この扇面に絵を描く必要から、湾曲した形状(いわゆる扇形)の紙に描く、
扇絵と呼ばれる日本画の形式が発展した。
この形式を発展させたのが、俵屋宗達と尾形光琳だといわれている。


扇子のアイデアがヨーロッパに輸出された時は、
絹やレースを貼った洋扇に発展した。孔雀の羽根を用いた扇子もある。

また、沖縄では扇面にヤシ科のビロウ(クバ)の葉を使った
クバ扇(くばおーじ)というものがある。

扇子(せんす)扇(おうぎ)の構成(骨)


写真は義理人情 扇子


骨の材質は、一般的には竹製または木製の物が多く、
先端部ほど薄く細くなるテーパ構造になっている。

大抵の扇子の骨は細長く、折り畳んだ和紙を張って開くと段になるように展開する。

骨組みのうち一番外側の部分(親骨)はとくに太く、
内側の骨とは逆に先端部ほど太くなっている。

高級な物では、親骨に装飾として漆塗りや蒔絵などの細工が施されている。


骨のみの扇子は、白檀などの香木を平たく削って作られることがある。

檜の薄板を束ねた物は、「檜扇」と呼ばれた。
この形式の扇子はすたれ気味であり、和紙などを貼った紙扇が主流である。

木や竹のほかに象牙、鼈甲などもしばしば骨の素材となる。


また、武術に用いられる物として、鉄扇(てっせん)がある。

骨だけが鉄製で紙や布などを張ったもの、
鉄の短冊を重ねたもの、また扇子の形を模しただけで開かない鉄扇も存在する。
携帯用の護身具、または鍛錬具として用いられる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。