扇子(せんす)扇(おうぎ)のこころ

扇子(せんす)扇(おうぎ)の成り立ちから 種類、作り方、使い方等、幅広くご紹介致します。 『和』のこころのお役に立ちますように…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扇子(せんす)・扇(おうぎ)とは?


写真は舞扇子(風流れ橙)

扇子(せんす)・(おうぎ)とは、
うちわと同じく自分の手で風を送るのに用いる道具であり、
数本から数十本の細長い骨組みを束ねて
端の一点(要=かなめ)で固定し、使用時には開いて可動できる。

骨には大抵和紙が貼られており、
展開すると紙を貼られた部分が段々の扇面となる。
折り畳むことでコンパクトに納めることができる。
いわば折り畳みのできるうちわである。


扇子を開く角度は、大体90度から180度の間であり、
円を三等分した中心角120度前後のものが主流である。
扇子を開いた形は、「扇形(おうぎがた、せんけい)」と言い、
幾何学の用語にもなっている。

このような扇子の形状は、「末広がり」に通ずるので
縁起のよいものとされてきた。
そのため、めでたい席での引出物としても用いられている。

「おうぎ」は、歴史的仮名遣では「あふぎ」と書く。
これは「あふぐ(煽ぐ)」の名詞形である。
現代仮名遣いでは、「あふぎ」は「おうぎ」、
「あふぐ」は「あおぐ」と書くことになり、関連が分かり辛くなった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。